【美肌への近道】ターンオーバーについて

【美肌への近道】ターンオーバーについて

当サイトで掲載している情報について

 口コミによる満足度が高かったコスメだけを厳選。
 ランキングは使用成分及びネットリサーチを使用して厳格な審査で掲載しております。
 口コミ情報は参考になるものを出来るだけ多く紹介。

ターンオーバー

ターンオーバーというのは、肌の新陳代謝のことを言います。つまり、肌の再生機能のことで、基底層という場所で生まれた細胞が最後には垢となってはがれ落ちるサイクルのことを言っています。サイクルの速度は体の部位によって異なります。

大人の肌に「ハリ・ツヤ・うるおい」を叶える新ファンデ


最高級と言われる北海道産サラブレッド100%純末を使用!

ターンオーバーとは

皮膚の表皮部分は一番奥の方から基底層、有棘層、顆粒層、角質層と言います。基底層で生まれた皮膚細胞は形を変えてどんどん上の層へと押し上げられていき、最後は死んだ状態になって垢として表面から剥がれ落ちていくことになります。 そして、この一連の周期のことを「ターンオーバー」と呼び、この周期が正常に来ている限り肌は健康な状態で美肌であるといえます。

肌の表皮の構造と役割

クレンジング・洗顔の次には必ず化粧水をお肌につけます。ここで重要なのは、とくに無理して高級な化粧水を購入する必要はなく、価格が安い化粧水で十分なので、お肌全体に化粧水をたっぷりとなじませて浸透させて、保湿ケアを行うことです。

角質層

サランラップのようなもので、その主な役割も、水分を肌の外へ出さないようにすることとなっています。
肌にバリアを張ることで、保湿という大切な働きをしています。この角質層が剥がれ落ちなくなると、角質ケアというものが必要になってきます。

顆粒層

皮膚の表皮の一番表にある角質層のすぐ下には、顆粒層という組織があります。顆粒層は平らな細胞が重なった形になっていて、角質層と同じように肌に対するバリア機能を発揮しています。

有棘層

顆粒層の下にある有棘層は、表皮の層の中でも一番ぶ厚い層で、表面が棘のようになっていて棘同士で細胞がしっかりくっついています。細胞内にはリンパ液が流れているため、さまざまな機能を担っています。

基底層

表皮の層で一番奥にあるのが基底層で、その下には真皮と呼ばれるものがあります。基底層の一番の役割は、新しい皮膚細胞を作り出すことです。ここで作られた細胞が、それぞれ行く先で顆粒細胞、有棘細胞、角質細胞へとなっていきます

年齢によって変わっていくターンオーバーの周期

年齢を重ねていくと、一般に肌の表皮のターンオーバーの周期が乱れてきます。それは、年齢と共にコラーゲンなど皮膚に潤いを与える成分が失われるだけとなるためです。皮膚における老化が進んでしまうためなのです。

春のエイジングケア一番搾りの高純度低分子コラーゲンペプチド
低分子コラーゲン1000mgをはじめ、12種類の美容サポート成分を配合

ターンオーバーの乱れの原因と改善方法

洗顔のしすぎ

ターンオーバーの周期は、早すぎても遅すぎても肌トラブルの原因になってしまい、良くないこととされています。ターンオーバーが乱れる原因には、洗いすぎというのがあることが指摘されています。洗いすぎると角質化する前に細胞が表面に出てしまうので、お肌を適切に保湿する必要があります。



肌質に合わないスキンケア

人それぞれに肌の特質が異なっています。そのため、肌のケアを行う際は自分の肌に合うケアをしなければ、肌のトラブルを招き兼ねません。周期が乱れる原因の一つとして、スキンケアが合っていないというのが考えられます。

紫外線

紫外線により肌がダメージを受けると、肌細胞はターンオーバーを早めて回復しようとします。再生のサイクルが早められると、表面の角質が厚くなり、それが原因でシミなどが起きてしまうことがあります。



ホルモンバランスの乱れ

周期の乱れはホルモンバランスが崩れることが原因ということも言われますが、これは女性についての話です。女性ホルモンの影響で、排卵が行われる前に肌荒れが起きやすいことを指しています。この女性ホルモンについては、肌と関わりの深いものであるため、シミなどの原因にならないようにしなければなりません。

肌の栄養不足

肌のケアについては、栄養面からも行うべきです。肌の再生には栄養が必要であり、栄養が不足すると、肌細胞は十分に育つことなくターンオーバーすることになって、肌の本来の役割を果たすことができなくなってしまいます。具体的には、肌のバリア機能が働かなくなるので、古い角質がそのまま残ってしまいます。 そこで肌の栄養としてビタミン類を補給し、ターンオーバーを促進するようにします。