【美肌とは】美しい肌の条件や状態

美肌の条件や状態について

当サイトで掲載している情報について

 口コミによる満足度が高かったコスメだけを厳選。
 ランキングは使用成分及びネットリサーチを使用して厳格な審査で掲載しております。
 口コミ情報は参考になるものを出来るだけ多く紹介。

▼美肌とはどんな肌?▼

1.みずみずしい肌

「みずみずしい肌」とは角層の状態がよく、水分が十分に保たれている状態です。具体的には..

①目で見ると、きめがそろっている。

②手で触れると、しっとりしたやわらかさがある。

2.血色がよく、透明感がある肌

「血色がよく、透明感がある肌」とは肌の生まれ変わりが順調で角層の重層化がない。メラニン代謝も、血液循環も良好な状態です。具体的には..

・目で見ると、くすみがなく、肌色が明るく透明感がある。

・手で触れると、なめらかでごわつきがない。

3.肌にはりと弾力がある肌

「肌にはりと弾力がある肌」とは肌内部の働きが良好で、コラーゲンなどが十分に生みだされている状態です。具体的には..

・目で見ると、しわやたるみがない。

・手で触れると、弾むようなはりがある。

大人の肌に「ハリ・ツヤ・うるおい」を叶える新ファンデ


最高級と言われる北海道産サラブレッド100%純末を使用!

▼美肌作りにNGなこと▼

過度なクレンジング

▲過度なクレンジングは、かえって肌を傷めます。特にごしごしと力を入れて落とす等、肌に負担をかけて、潤いをなくしてしまうのです。そうなると、美肌は遠いものとなってしまうでしょう。そうならないためには、クレンジングは優しくマッサージするようします。

▲肌のために化粧をしっかり落とそうとしてやりすぎてしまうという人は多いです。そんなに力をいれなくても化粧は落ちるため、過度なクレンジングに気を付けましょう。

  • クレンジングはあくまで優しくマッサージをするように!

日焼け止めだけで紫外線をカットする

▲日焼け止めだけでの紫外線カットはよくありません。このようなカットの仕方では、美肌とはほど遠いものになってしまうでしょう。日焼け止めの上には、粉白粉かファンデーションを塗らないと完璧な日焼け止めにはならないからです。ガードが甘いという事でしょう。

▲日焼け止めも、ものによっては刺激が強く、肌に負担をかける成分のものがありますから肌が弱い人はノンケミカル処方やオーガニック処方のものを選ぶと良いでしょう。

  • 日焼け止めの上には粉白粉やファンデーションを!



スキンケアのし過ぎ

何事もやりすぎるというのは、良くありません。スキンケアもそうです。美容液やらローションやらを沢山つけて、あらゆる種類のパックを試してなどとやっていると、かえって、肌にダメージを与えてしまうかもしれません。というのも、化粧品は合うものもあれば、合わないものもあるのです。

過剰なスキンケアをして、肌に合わないような化粧品を使ってしまうかもしれません。そのようなことになったら、大変なこと。美肌以前の問題です。成分等をよく確認し、過剰なことはしないようにしましょう。

  • 過剰なスキンケアは厳禁!
春のエイジングケア一番搾りの高純度低分子コラーゲンペプチド
低分子コラーゲン1000mgをはじめ、12種類の美容サポート成分を配合